無事生還!なのか?

7月14日、突然の電話。
「あ、もしもし○○警察ですけど。」

すべてはこの電話からはじまった。

「あなたのバッグが見つかりました。」

「・・・は?・・・・・・はっ!まさか!!」

そう。それは昨年12月の事。
草野球の忘年会があり、もちろんハッチャケる俺。
翌朝気づいた時には手元にバッグがありません。
今まで一度も、忘れてきたり無くしたりした事ない俺が。。
どっかに置いてきたのか、、落としたのか、、、。
人生初の紛失。。

で、紛失当時のカバンの中身はと言いますと
・一眼レフの望遠レンズ
・保証書&レシート
・ちょっとした工具類
・DVDほか

特にレンズとDVDを無くした事が悲しくて悲しくて。

そのカバンが数ヶ月の時を経て心優しい誰かに拾われて交番に届けられました!
お巡りさん曰く中に入ってた保証書等からコチラの連絡先がわかったとの事。

電話でお巡りさんにカバンの特徴、中身等を一通り聞かれ、
間違いなく、その紛失したカバンと判明。
おかえり。俺のカバンちゃん。
いやいや!まだ喜ぶのは早い!
まず気になるのは中身。特にレンズ&DVD!

「レンズとDVDは無事ですか!?」

「あぁ〜レンズは無いみたいですが、赤いユニフォームとか印鑑は無事ですよ!」

「そうですかぁ・・・ん?・・・赤いユニフォーム?印鑑?それ、なに?」

「えっ?ちょっと詳しく聞きたいのでとりあえず一度警察署に来て下さい!」

ということで指定された警察署の拾得物窓口へ行ってみる。

そこで出された物はだいぶ汚れてカビだらけですが正真正銘あのカバン。
色々書類を書かされ早速、中身のチェック!

■紛失当時のカバンの中身
・一眼レフの望遠レンズ
・保証書&レシート
・ちょっとした工具類
・DVDほか

■今回発見されたカバンの中身
・印鑑
・赤い草野球のユニフォーム
・おしぼり×2
・100円ライター×2
・マッチ箱
・保証書&レシート
・ペンチほか

・・・・・・。ほぼ身に覚えの無い物たち。
おかげで分別後また別の書類も書かされるはめに、、、、。

つまり推測するに、

俺が忘年会でカバンを紛失。

心悪しき何者かがカバンを拾い、我が物として使用。(赤ユニの持ち主かな?)

その何者かがどこかでそのカバンを紛失。

心優しき誰かがカバンを拾い交番へ。

で、結局手元に戻ったのは、

彼ら。うん。ほぼ要らない物ですね。無念。

とりあえず、警察署での中身確認時に、
赤いユニフォームのチーム名と背番号、印鑑の名前は記憶した。
見つけ出して話を聞きたいものですな。マジで。

皆さんも飲み会などでは気をつけてくださいまし。

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。